第5回 北海道の食を語る講演会と食のフォーラム (その2)

 

斉藤幹男さん

1978年札幌生まれ。2007年ドイツ・シュテーデル美術大学卒、マイスター取得。 手描きの絵や写真、CGなど様々なイメージを組み合わせた映像作品を主に制作。国内外のギャラリーや美術館展示や、ライブイベントでの映像上映も盛んに行う。2016年、北海道立近代美術館「ともにいること ともにあること」に出展。

 

◆誰もが見られて、心をゆらす不思議なアート

「自己紹介がわりに」と、会場に作品を展示してくれた斎藤幹雄さん。ドイツ留学を経て札幌を拠点にする美術作家です。斉藤さん、実は大学は文学部で小説家志望だったそう。どうやって美術家に? どうしてこんな不思議な作品を作っているの?

頭の中は聞きたいことで一杯です。

影絵遊びのように壁に踊る作品を眺めながら、斉藤さんの話が始まりました。

 

「小学校の美術の先生が、大人に対するのと変わらない視点で指導し見守ってくれ、その頃に絵を描くのが好きになりました。中島公園の”童話の小径”に当時のタイル絵が残っていますが、技術は今もさほど変わっていませんね(笑)。その後美術部に入ることもなく、大学の文学部で小説を書く勉強をしました。教授は小説家で文芸評論家でもある方で、『文学部で学んでも小説家にはなれない』と言うのです。でも先生には小説の技術、つまり”自由な形”で書いていいのだということを教わって、それが美術に進むきっかけのひとつになりました。」

 

−斉藤さんはその後ドイツへ。日本と違う豊かさに惹かれたのだそうです。

「例えば、家族で夜の散歩をして、閉店後のギャラリーのショーウインドーを眺めたり、そうした時間の使い方にちょっと驚いて、なんだかとても豊かでいいなあと。志望当初は文芸評論や美術評論を書きたかったのですが、それには英語力が足りない。ならば美術を制作する側ならどうだろう?と。それから制作を始め(!)、ドイツの美大二十校ほどに自己流の手描きアニメーションをVHSビデオにして送るうち、一人の教授が「言葉が喋れなくてもいい、作品をもっと見たい」と言ってくれました。もうこんなチャンスはないと思い、ひと月後にはフランクフルトに行っていました。」

 

−ドイツの美大の環境は、日本で思っていたのとは随分違ったようです。

「その大学の授業はちょっと変わっていて、先生が教える「授業」ではなく、アトリエで自由に制作したり、違う表現の学生が教えあったりする。先生も月に3日間くらいしか大学にいない。そして学生の活躍が教授の実績になり、教授の作品が学生には刺激になる。学生が先生を選び、アーティストにとってもいいキャリアだからとても熱心です。学生のほうも、何ならいつでも取って代われる、というような独特の雰囲気でした。」

「ハウスマイスター(学生の生活面を補助する職員)の夫妻は本当にアートが好きで、教授や学生の作品をコレクションして展覧会を開く収集家でした。食堂のスタッフも食のアーティストみたいな人で、普段から同じ献立が出ない。料理のワークショップはこの人が教えるんです。市場で食材を選び、食べられる野草を教わり、ビールやソーセージをつくる。そうしたことも制作活動のために大切だと学びました。写真は授業で学生がつくったパンで壁を埋め、それをチェーンソーでガーッと切ると中でアーティストが制作しているという作品です。僕が人生で唯一作ったパンも入っています(笑)。」

 

−そしてデビューの契機が!いきなり学内展最優秀賞に選ばれたのです。

「画用紙にクレヨンや色鉛筆で絵を描き、フィルムを吊ってローラーで回転させて映写する作品をつくりました。学内展は、場所とりからすごい競争です。なぜそんなに熾烈かというと、ギャラリーのオーナーや評論家が来るし、賞金は数十万円。学生にとってはすごいことで、皆必死なんです。僕はそこで賞を頂いてしまって、その時しか見たことないんですが、500ユーロ札 −財布からはみ出ちゃう大きさで、たしか緑色でした−を3枚もらいました(笑)。すぐにスカウトが来て、ギャラリーに合わせて少し洗練した形にして展示をしました。」

「僕のアニメーションはストーリーがないんです。最初から順番どおり見なくていい、時間の制約がない。そして小さな方からお年寄りまで見てもらえるものがいい。そういう思いから映像に取り組み始めました。2015年に制作したのは《コアラの反抗期》というCGアニメです。コアラが、なぜかわからないけれども怒っている。声は、動物の鳴きまねが得意だというドイツの友人に、想像だけで録音してもらいました。地球の裏側にいる見たことのない動物をまねるのは、その距離を感じることです。この作品では、人に見てもらった時に作品がはじめて成立する、ということを思いました。」

 

−オブジェも、場所や見る人が関わる事で”変化”していくようです。

「2013年と2015年の個展は、はじめにご紹介下さった高畠みゆきさんにキュレーション(アーティストを助けて展覧会をつくりあげること)をして頂きました。今日、この会場の二階にいる猫はそこで展示したものなんですが、ビルの地下にあるギャラリーへ降りてきた人がびっくりするようなサイズにしたいと思い、尻尾を天井ギリギリまで高くつくりました。ピンと立った尻尾を輪投げの形にしたのは、日本にもドイツにもあって誰もが知っているからです。」

「入口脇にあるのは、『さっぽろ天神山アートスタジオ』に依頼された《犬の小便小僧》です。市民が参加できるような作品を、ということでした。現地に行ってみると、雪の上のあちこちに犬のおしっこの跡が(笑)。ちょうどベルギーで小便小僧の人形をたくさん買ったばかりで、「おしっこの跡に合わせて犬の人形を置いたら、カワイくなるんじゃないか」と。そこで、雪を型に入れて犬の像を大量生産することにしました。ワークショップでは一体作っては次のおしっこの跡を探す(笑)。吹雪の日は屋内で、小さなシリコン型でホワイトチョコの犬を作りました。1週間後に雪像を見に行ったら犬の前に花やドングリが供えてあって、これはお地蔵さんだなぁと(笑)。発表後に思ってもみない受け止め方をされるのがいい。そう思いながら制作しています。」

 

会場とのQ&A)

—黒松内町でも2015年に、地元の小学生と一緒に映像制作をされましたね。

はい。こういうとき、地元の方々とふれあっていくと、2回目にできるものは1回目より良くなります。つまり、つくるのに時間がかかるものなのだと思います。東京ではなく札幌を主な活動場所にしてみて、風土や気風に合うもの、ここらしいものがあることとか、時間をかけてつくったり味わったりするリッチなもの、という感覚を強く持ちました。

 

—現代アートは難しいものではないのですね。どう見たらいいのでしょう?

アートへの感じ方は人によっても時期によっても変わると思います。誰もが、いつ好きになるかもしれないので、一度で決めずにたくさん見て頂きたいです。

 

斉藤さんのお話は明快で、それでいて質問を受けて豊かに広がっていきます。作品は見られることで変化していく、その土地になじむアートがあるというのは、まるで、チーズやパンやワインにもつながる気がしました。

ところで、バルコニーから私たちを見下ろしていた巨大な黒猫は、この建物に永住を決めたようです。ぜひ立ち寄ってみてください、思わずクスッと笑ってしまうかも…。

 

休憩の後はいよいよ、テロワールをつくる3人の方たち、村岡武司さん(函館・ギャラリー村岡)、木村幹雄さん(七飯・Hütte)、曽我貴彦さん(余市・ドメーヌタカヒコ)が講師を交えてのパネルディスカッションです。

 

(その3に続く)

第5回 北海道の食を語る講演会と食のフォーラム (その1)

今年で5回目となる「食を語る講演とフォーラム」(主催:株式会社 アンジュ・ド・フロマージュ、後援:黒松内町)。例年は秋口に行われるのですが、今回は夏~初秋の農繁期を外そうと6月の開催にトライしました(実は6月のこの時期も、農家さんは牧草の一番草を刈るのに忙しいそうで、なかなか難しいですね)。
西村聖子さんのご挨拶は毎回感謝の言葉で始まりますが、加えて今年は節目の年だそう。会場にもなったチーズ工房併設の建物について指定管理契約を無事更新し、今後も5年と言わず末永く黒松内町のこの地で頑張って参ります、という嬉しい報告が添えられました。

佐藤雅彦 副町長のご挨拶も2013年の開業当時を思い出し、「(アンジュは)後志管内(”○○管内”というのは、広い北海道を分ける行政区分なのです)で最も多くの原料乳を使うチーズ工房です」と実績に触れておられました。

いつもの通り、プログラムの前半は二つのご講演。後半はパネルトークです。一人目の講師は医療法人萬田記念病院院長・萬田直紀先生です。西村さんとはご近所でお子様同士をご縁に長いおつきあいだそう。人のご縁を町につないでいけたらと願う西村さんに招かれる講師陣は、食だけに限らずいつも多彩です。

 

萬田直紀さん

公益財団法人萬田記念財団理事長、社会福祉法人札肢会理事長。糖尿病治療の国内トップランナーであるだけでなく、札幌交響楽団理事など、医療以外の広い分野でも地域貢献を行うドクター。

 

「食べて動く」で健康寿命を伸ばそう

糖尿病治療の国内第一人者であり、札幌で今年60周年を迎えた札幌テレビ塔そばの同院の三代目院長。さらに社会福祉法人と公益財団法人のトップを務め、医療福祉だけでなく音楽やアートの分野でも地域貢献をなさる萬田先生。実は、創成川公園に設置された彫刻家・安田侃氏の大型作品も萬田先生の寄贈だそうです。その語りは軽妙でユーモアにあふれ、会場に慢性病への最新の考え方や予防医学の大切さをしっかりと印象づけられました。

今日のテーマは「食べて長生き、健康寿命」。病院概要のご紹介と11月14日の「世界糖尿病デー」のご紹介から、話題は食と慢性病の関係にうつります。データによれば男性は40歳代で肥満増加率がピークに達し、それが将来の病気につながること(逆に女性は20~30歳代の痩せすぎが課題だそう)。一方、肥満対策だけを捉えた食事療法(ダイエット)は、実際のデータ(国民栄養調査)と矛盾しているのだそうです。炭水化物を摂らない極端なダイエットが流行していますが、実際の摂取カロリーはむしろ減少傾向です。食品群別の摂取量はごはん、パン(炭水化物)と野菜が食べ過ぎどころか減っており、脂肪、肉、塩分が増えている。果物も、40~50歳代以下は極端に不足しています。所要量に対するアンバランスを助長するダイエットは、健康のためになりませんね。先生は実践として、「600kcal・塩分3以内」のコースメニューを監修され、札幌グランドホテル1階のカジュアルレストラン「BIG JUG」が月替りのランチで提供して月1000食の利用があるそうです。

 

さて日本人の糖尿病は1980年代、ちょうどバブル期に急増しました。(そもそも糖尿病はインスリンが作られない先天性のタイプと、インスリンが作られるのに効果的に働かないタイプに大別されますが、今回は後者=生活習慣病としての糖尿病に限ったお話です。)エネルギー摂取量、たんぱく質は減っている。脂質も一時増加したがその後減っている。つまり、糖尿病の原因は「食べ過ぎ」ではないのです!
では一体、何が背景にあるのか。グラフがぴったり重なったのは、自動車の台数の増加でした。つまり運動不足が要因と考えられないでしょうか。「男性の持病」と言われる通り、糖尿病は圧倒的に男性に多い病気です。50歳前後で男性の糖尿病率は倍増し、70歳代の5人に一人は糖尿病。「多くの糖尿病は老人病」と言われるそうです。(女性については60歳以上で増えています。)そうしたケースでの主な理由は「運動不足」だと考えられます。

近年、脳溢血や心筋梗塞などの検査法・治療法は飛躍的にに進歩し、これにより平均寿命も伸びてきました。しかし大切なのは、平均寿命だけでなく健康寿命(普段通りの生活ができる身体の状態)です。一般に、健康寿命は平均寿命マイナス10歳と言われます。その差は5つの原因で生まれます。①高血圧 ②糖尿病 ③コレステロール・中性脂肪の高い状態 ④喫煙 ⑤内臓脂肪(目安はウエストサイズが男性85cm、女性90cm以上)。この5つが健康寿命を短くする要因です。健康寿命は、死ぬまで元気で生きていくこと。自分でトイレに行ける身体であることとも言えます。寿命よりも健康寿命、これが何よりも大切です。

私のまとめは、血糖、体重、血圧、コレステロール、中性脂肪、これらを適正に維持することで、合併症になりません。合併症にならなければ、健康寿命が保たれるということになります。

健康を守るために避けるべきは、不規則な食事(食事を抜く、就寝前に食べるのはメタボの原因。食べるのは寝る2時間前まで)。ドカ食い、早食い(噛めば噛むほど血糖値は下がる。歯の健康は重要)。スポーツドリンクを飲みすぎない(30kcal/100mlまでは「カロリーゼロ」と表示できることを知っていますか?)、運動を一度に頑張りすぎない(1万歩にこだわらないで、食後に千歩ずつなど小分けにするのがコツ)、体重を測ること、血糖値を毎日測ること(測るから病気が見つかる?いいえ、測ることで値を気にかけ、改善するのです)。
「食べて運動して健康寿命を伸ばそう」を覚えておいてください。

 

会場とのQ&A)

*薬の副作用についてメディアで過激に取り上げているが、本当はどうなのでしょう?
―副作用のリスクは厚労省HPにも明記されているのに、雑誌を売るために新しい事実のように書くのだと捉えています。

*ベジタリアンの食生活については、栄養バランス上いかがでしょうか?
―「しっかりバランス良く食べて運動する」ことを考えていただきたいです。菜食主義の方もたんぱく質を補うために大豆などを重視しています。たんぱく質が不足し続けると問題なのは、筋肉が作られなくなることです。「サルコペニア」といって筋肉がやせ細り、歩行や運動ができなくなってしまい生命に関わります。バランスが大切です。

*仕事上、お菓子をつくるのですが、お砂糖をたくさん使います。どうつきあったらよいでしょう?
―私が糖尿病の栄養指導をする場合、「ケーキを食べてはいけない」とは言いいません。「分食」(分けて食べる)がポイントで、食後にすぐ続けて食べるのは避けましょう。昔から言う「10時のおやつ、3時のおやつ」です。例えば私は10時に牛乳、3時に果物をつまみます。そして食べすぎず量を決めて、食べたら横にならずに運動をしましょう。ケーキを売るときに運動も勧めてはいかがでしょう(笑)

(小休憩には札幌「バンドカフェ」の高坂美子さんから中国茶のご提供がありました。)

◆アートは難しくない、人の心の動きを起こすもの
お二人目の講師は、アーティストの斉藤幹雄さんです。

が、その前にもうおひとり、興味深いゲストが案内役になって下さいました!
インディペンデントキュレーターの高畠みゆきさんです。

キュレーターとは、多様な情報を選び出しまとめあげ、新しい視点を示す役割のこと。アートの世界では新人発掘などの意味合いもあります。高畠さんは、札幌・大通のギャラリー「CAI02」を拠点に、まだ発掘されていない現代美術アーティストの方達の展覧会を企画しています。音楽とアートが好きで、海外に旅するにも美術館のそばにホテルを選ぶほどだった高畠さんは、95年にウイーンに旅をし、グスタフ・クリムトの作品《ベートーヴェン・フリース》(ベートーヴェンの第九交響曲へのオマージュとして生まれた大壁画)を見るためにセセッション(分離派館)を訪れます。その会場では、当時多数の難民を生んでいだボスニア紛争についてのアートの制作過程が「展示」されていました。街のあちこちに難民の姿がある状況で、その作品誕生の過程を見たことで、「現代アートはわたしに直接かかわること、必要なことなのだ」と強く感じたそう。昔からある作品に対して美しいと感じることも素敵だけれど、現代アートは「それを今、目の前でつくりあげる人がいて、そこに立ち会うことができる」、その稀有な素晴らしさに気付かされたと言います。

「斉藤幹雄さんの作品には、温かなお人柄とともに、世界中の紛争や問題へのメッセージをこめている、メッセージ性の強さを感じました。
斉藤さんの作品に触れていくうちに気づいたのですが、この画調は子供の頃のまま。わかりやすいようでいて奥の深い独特の世界観。じっと見ていると自分がニュートラルな気持ちになれて、どこか夢の記憶に引っかかってくるような作風なのです。
現代美術の醍醐味のひとつは、作家と直に会えることです。どうぞ斉藤さんのお話を直にお聞きになってください。」

<その2に続く>

第4回 食のフォーラム

 

第4回《食のフォーラム》
人と自然が生きる町で、愛のある食卓を整え、
いろいろな人と出会い、つながりながら、
小さな発信を続けてまいります。

【会場】チーズ工房 アンジュ・ド・フロマージュ
(北海道寿都郡黒松内町字赤井川114番地)
詳細は営業案内を参照

【日時】9月12日13:00〜19:30
【プログラム】
①講演「コックさんへの道 そして世界へ」深谷宏治氏(レストランバスク)

11873534_10203445289533488_3378793596235774963_n
②講演「暮らす街から」村岡武司氏(ギャラリー村岡)

③ディスカッション「食から町づくりへ」
深谷宏治氏、村岡武司氏、新川幸夫氏(黒松内ブナ林再生プロジェクト 会長)、曽我貴彦氏(ドメーヌタカヒコ
コーディネート:深江園子(オフィスYT ライター)
④懇親会 「歌才自然の家 レストランキリカ」大谷英行シェフのパエリヤ他+アンジュの料理とチーズ+ドメーヌタカヒコのワイン

【お申込】「いいね」や「参加する」ボタンだけではお申し込みとなりません。お電話 0136-75-7400、またはメール abondance_beaufort@yahoo.co.jp へお申し込みください。メールはお返事を差し上げますが、すぐに届かない場合はお電話を頂けると確実です。
■参加費:5,000円
※講演会,ディスカッションのみ1,500円(税込)
■札幌発専用バス:往復4,000円, 札幌駅北口「鐘の広場」8:50集合
往路)札幌駅発9:00(小樽,余市,小沢経由)12:00着
帰路)会場発19:30→(同)→22:30札幌駅着

 

~ フォーラム講演者紹介 ~

深谷宏治(ふかやこうじ)函館「レストラン バスク」

1947年函館市生まれ。1970年東京理科大学工学部卒。同学部助手を経て料理人を目指す。1975年に渡欧し、   スペインバスクのオイヤルソン(サンセバスチャン近郊)で、ルイス・イリサール氏の下で修業。料理のみならず、料理人としての生き方を学ぶ。1981年、函館で「プティ レストラン バスク」、1985年に移転して「レストラン バスク」、2005年に「バルレストラン ラ・コンチャ」をオープン。2004年にスペイン料理フォーラムin HAKODATE」を開催。同フォーラムの企画のひとつ「函館西部地区バル街」は24回を数え、今や日本中に波及。2009年より「世界料理学会in HAKODATE」を開催。近年は「半島の料理」と題し、道南の自然と生産者を巡り、耕し、加工に取り組んだエッセンスをコースで提案。

著書「スペイン料理[料理 料理場 料理人]深谷宏治」(柴田書店)

 

村岡武司(むらおかたけし)函館元町「ギャラリー村岡」

1943年音更町生まれ。音更小、音更中、帯広柏葉高、法政大学卒業。

1965年より函館市に居住。旧函館郵便局舎再生計画に参加、クラフトショップ「かもめの水兵さん」開設。1985年元町倶楽部活動開始。1990年元町に「ギャラリー村岡」開設。1991年トヨタ財団研究コンクールにて最高賞を受賞し、その助成金で公益信託「函館色彩まちづくり基金」設立。FMいるかの長寿番組「元町倶楽部のじろじろ大学」学長。北海道まちづくり功労者賞受賞。北海道美しい景観のくにづくり審議会委員。

 

◇新川幸夫(にいかわゆきお)黒松内町「黒松内ブナ林再生プロジェクト(会長)」

1938年小樽生まれ。道内中・高勤務。1998年退職。日本英語検定協会実用英語検定面接委員、黒松内町まちづくり推進委員、黒松内第3次総合計画審議会会長、黒松内町特別職報酬審議会委員、黒松内町フットパスボランティア会長等就任。現在は北海道農村漁村地域力ネットワーク(アドバイザー)、黒松内町環境審議会委員、ブナウォッチング実行委員(副委員長)、岩内山岳会等

 

◇曽我貴彦(そがたかひこ)余市「ドメーヌタカヒコ」

1972年長野県生まれ、実家は小布施ワイナリー。大学の微生物研究所の助手を務めた後ココファームを経て独立。2009年余市町に移住。2010年余市町登地区に農園と醸造所をオープン。2haの自家畑(ナナツモリ)ピノ・ノワール種の畑を化学農薬や化学肥料を使わない自然を尊重した栽培方法(ビオロジック)で管理し、畑から醸造まですべて一人で行っている。2014年10月自社農園ピノ・ノワール「ナナツモリ2012」初リリース。

 

◇深江園子(ふかえそのこ)札幌「食のジャーナリスト」

北海道札幌生まれ函館育ち。国際基督教大学教養学部語学科卒。子供の頃より料理と料理書に憧れ、(株)柴田書店に入社。

子育てを経て北海道でフリーランスの著述業。業界紙からTVまで幅広く活動。生産者・加工者・料理人の現場の声を伝えるほか、食のプロの食勉強会を主宰。近年は地方自治体や農業・教育NPOの食振興事業にも携わる。2015年北海道大学・酪農学園大学・帯広畜産大学三大学院連携コース講師。北海道スローフードフレンズ会員。世界料理学会実行委員。

 

◇堺なおこ(さかいなおこ)札幌「アナウンサー」

札幌テレビ放送(STV)アナウンサーからフリーとなり、現在はコミュニティラジオ三角山放送局番組のDJSTVラジオパーソネリティとしても活躍中。コミュニケーションデザイナー、ビジネスコーチ、フードマイスター、ピンクリボンin SAPPOROの実行委員

 

◇大谷英行(おおたにひでゆき)黒松内「歌才自然の家レストラン キリカシェフ」

1967年瀬棚生まれ、1歳で黒松内町に住む。黒松内中学校、長万部高校卒業。小学生の頃から家庭や学校で自ら作った料理を振る舞う。当時の林野庁共済組合当麻クリーン会館の和食セクションで4年間修業。その後1991年当時23才で歌才自然の家料理人兼管理人でブナの里振興公社に入社。以来24年間、黒松内町の優れた食材で黒松内町に来なければ食べられない料理を提供中。